Nike Lebron 17を履いたプレイヤーのレビューや特徴まとめ。クッショニングやアッパーに新しいテクノロジーが。 | バッシュ.com

Nike Lebron 17を履いたプレイヤーのレビューや特徴まとめ。クッショニングやアッパーに新しいテクノロジーが。

Nike Lebron 17
今日はレブロン・ジェームスの最新シグネーチャーモデル、LEBON17のレビューまとめ記事です。

海外200ドル売り出しですね。国内だと2万円オーバー。なかなか高いです。重さも27.5cmで480グラムでなかなかの重量。
ですが、重量に関してはネガティブな意見はありませんでした。
今作のレブロンはマテリアルやクッショニングに新しい試みがされており、かなりレビュアーからの評価が高い結果になっています。

Nike Lebron 17のバッシュの評価はTOTAL 8.9/10.0

このバッシュのクッショニングシステムは全てのレビュアーから好まれているようですね。
特に体の大きなプレイヤーには適しているとの意見がありました。

トラクション 8.3/10.0

Nike Lebron 17

ひし形のトラクションパターン。アウトソールのラバーはとても溝が深く、耐久性がありそうですね。クリーンコートだと問題ないけど、ダスティなコートだと頻回に埃をワイプする必要ありとのこと。

トラクションはSOLEBROTHERSさんが満点をつけていますね。

クッショニング 9.7/10.0

スクリーンショット 2019 10 15 22 07 15

Nike LeBron 17 Official Images Release Date Details For Future 2
NIKE OFFICIAより

今作はレブロンのシグネーチャーモデルの中で最も大きなMAX AIRがかかとの下に内蔵されています。

lebron17
MAX AIR の真下に柔らかいフォームのポッドがクッション性に貢献しています。
クッショニングも満点が出ていますね。
NightWing2303 [weartesters.com] さんが10.0で空気の上を走っている感覚!!
衝撃吸収に関しては歴代NO.1、ですが少しコート感覚に欠けるかなって意見が一致していました。
ミッドソールはファイロンを使用。

前足部は外側と内側の二つのセグメントに分かれており15mmのZOOM AIR PODが搭載されています。
レブロン16と比べると19パーセント衝撃吸収に優れているとのこと。

MAX AIRと連動して反発性と快適性を提供しています。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”IMG_7202.PNG” name=”エボロック”] これまでのレブロンのバッシュラインを見ると、ジャンプの際というよりは着地の衝撃吸収に重きを置いている印象ですね。[/speech_bubble]

マテリアル 9.5/10.0

Nike Lebron 17
アッパー部分はニットポジットというナイキの新しい素材でできています。

レブロン15では普通のニット、16でバトルニット2.0が使われていましたね。
今作のレブロン17では軽量なフライニットと構造、色を加える熟成形糸を組み合わせています。

耐久性、サポート性がり伸びを防ぐ素材となりました。
マテリアルの評価も高いですね。RicheeKimさんは満点の評価、サポート性が評価されていますね。
ただ、ネガティブな意見を探して見ると、通気性がイマイチかなって意見がありました。

サポート性 8.7/10.0

サポート性の評価も高いですね。かかとの横滑りもなく、アウトトリガーによるサポートもあり今までのレブロンの中でも高いサポート力になっているという評価。アッパーの新しい素材ニットポジットもサポート力にかなり貢献しているようですね。

シュータンの大きさが少しネックになっているレビューアーもいて、少し靴紐結ぶ時に気になるなって意見もあり。
ですが、全体的なサポート力は高評価になっています。

フィット感  8.5/10.0

アウトドアでの使用は?

耐久性のあるラバー構造なので、屋外の使用も可能との意見。

このバッシュの最安値を探す

参考サイト

  • JEFF バッシュ.com
  • RicheeKim
  •   

  • The sole brothers
  •   

  • NightWing2303 [weartesters.com]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA