Nike LeBron 18の特徴、spec詳細をまとめました。レブロンの新作バッシュ

 Nike LeBron 18
Nike LeBron 18

Mellow Surfer

2019-2020 NBA シーズンが再開されLeBron Jamesもコートにかえってきました。充電もバッチリかな。

今年36歳を迎え17回目のシーズンが再開された彼の動きには全く曇るものがありません。

チームの司令塔としてアシストを量産するだけでなく、相手をねじ伏せる得点はまだ健在。18足目のシグネーチャーモデルは"人生の半分"をナイキと共に過ごしたことをシューズに投影したかった"と本人は語っています。

コロナ明けでコートに現れてたレブロン、その足元には彼の新しいシグネーチャーモデルが纏われていました。彼のInstagramのストーリーで紹介されていましたね。

Nike LeBron 18の特徴まとめ

NikeはLeBron 18のスケッチを公開していますね。

 Nike LeBron 18
Nike LeBron 18 前後に分割のデザインなのがわかります。

クッショニング

 Nike LeBron 18
Nike LeBron 18

Mellow Surfer

クッショニングには新しいテクノロジーが使用されている様ですね。

前作のクッショニングもかなり評価が高く、雲の上を歩いているようだと言っているレビュワーもいました。

フルレングスのzoom airが用いられて、さらに踵部にはMax Air が搭載されているようです。"ズームエア"を直接マックスエアに融合させたそうです。

Mellow Surfer

恐ろしいクッショニング性になりそう。
前作のLEBRON17
こちらも踵部にはMAX AIRが搭載されて前足部の外側内側に二つのzoom airのパッドが入っていました。

トラクション

Nike LeBron 18

Mellow Surfer

トラクションは前作と少し異なったデザインですね。

写真が粗くてわかりにくいですが、前作はzoom airのパッドが入っている箇所(母子球の部分とその外側)位置が独立していましたが、今回は前足部を4等分にしたような線が入っています。トラクションパターンは菱形に見えますが、こちらも少し前回から印象が異なります。

前作のLEBRON17、耐久性があるラバーが用いられていたので、屋外の使用も可能でした。

マテリアル

バトルニット、ニットポジット、過去のレブロンのシューズはニットの印象をかなり変えてくれました。

Mellow Surfer

その過去3作のニット素材がらさらにアップデートしたマテリアルになっているようです。個人的には前作より軽そうで好き。

大きなヒールシェルが踵をしっかりとサポートしてくれそう。

レースに付いている黄色の飾りがデザイン性を引き立てて良いですね。

Nike LeBron 18
前作の LeBron 17のフライポジット

Mellow Surfer

9月頃海外発売予定です。国内発売情報わかり次第Twitterにてお知らせします。🕊