【NIKE】KYRIE(カイリー)7を履いた人たちの感想、レビューまとめ。specや特徴をまとめました。前作との比較も少し。

Nike Kyrie7
Nike Kyrie7

KYRIE IRVINGのシグネーチャーモデルの第7弾カイリー 7のレビューがいろんなサイトに出てきました。そのまとめ記事です。

Mellow Surfer

僕の周りにも買う人増えてきました(ブルー系多い)

今回はストラップがないモデルですね。おそらく後日発売されるカイリーのフライトラップやLOWでも同様のデザインが発売されるでしょう。

デザイナーは、カイリー 4以降このシリーズを担当するBen Nethongkome氏が行っています。カイリー 自身の信頼が窺えますね。

とてもサポーティブなバッシュで軽量化を実現したこのバッシュはそこまで高額ではないですが、レビュアーの評価はなかなか高かったです。今年最後のおすすめのバッシュになりました。欲しい方は是非!!

Nike Kyrie7のバッシュの評価はTOTAL 9.0/10.0

Nike Kyrie7
Traction
(4.0)
Cushion
(4.5)
Materials
(4.0)
Support
(4.5)
Fit
(4.5)
TOTAL
(4.5)

トラクション 8.0/10.0

Nike Kyrie7
Nike Kyrie7

まずはトラクションから、アベレージ8.0とまずまずの得点ですね。山岳地層の様なアウトソールパターン。どのレビュワーも8.0ポイントと一致しています。クリーンコートでは良いグリップを発揮しますが、ダスティなコートだと埃がつきやすいとのこと。

大きな第3の目が前足部にデザインされていた前回のkyrie6(写真下)の方がトラクションが優れていたという意見が何人かに聞かれました。

kyrie6

科学的に考案された360度のトラクションパターンで、アンクルブレイクのクロスオーバーに必要な多方向のコントロールを実現。

nike.com

クッショニング 9.0/10.0

Nike Kyrie7
Nike Kyrie7

Mellow Surfer

クッショニングの評価はかなり高いですね。9.0と高得点。

反発力に優れたAir Zoom Turboユニットを搭載。kyrie5以来の搭載ですね。

驚くべき衝撃吸収と反応性、コート感覚も良好とsolebrothersさんとnelson chanさん。セットアップは前作6と同様ですが、かなり改良されている様ですね。

曲線的なAir Zoom Turboユニットがしなやかに屈曲。レーン内のフローターシュートから、ステップバックしてのトリプルスレットまで、ドリブルからのどんなショットにも対応します。

nike.com

マテリアル 8.3/10.0

Nike Kyrie7
Nike Kyrie7

マテリアルも8.3と高得点。前作使用されたストラップは今回はなくなっていますね。足を包み込むようにデザインされたとても薄いメッシュアッパーを採用。柔軟性もあり柔らかい素材。高級感がめっちゃあるって感じはないですが、パフォーマンスは良好です。

サポート性 9.0/10.0

Nike Kyrie7
Nike Kyrie7

Mellow Surfer

サポート性の評価はかなり高く9.0!!

今回ストラップが外れましたが特に問題ある記述はありませんでした。代わりにつけられたTPUフィンがサポート性に寄与してくれています。前回同様に高評価です。ラテラルコンテインメントも問題なく踵の横滑りもありません。

フィット感  9.0/10.0

フィット感は前作のkyrie6と同様(少し幅狭な作りかな。)とのこと、前作と比べて軽量感あるという意見多し。

アウトドアでの使用は?

アウトソールの耐久性がそうでもないので、屋外の使用はあまりおすすめできないとsolebrohersさんの指摘あり。

このバッシュの最安値を探す

参考サイト

  • Nelson Chan @Hoop and Life
  • RicheeKim
  • The sole brothers
  • mellow surfer [バッシュ.com]