Nike Kyrie Low4を履いた人たちの感想、レビューまとめ。specや特徴をまとめました。前作との比較も少し。

Nike Kyrie Low4

Mellow Surfer

NBAのブルックリン・ネッツに所属するKyrie Irving選手のシグネーチャーシューズのローカットタイプの第4弾が登場しています。

KYRIE6-7の流れと同様に今回はSTRAPを外した形になりより本家のkYRIE7に近い印象になりました。反応性がとても良くガードプレイヤーにおすすめのバッシュです。

海外売り出し価格は110ドル(本家KYRIE7は130ドル売り出し)で国内¥14,300のお値段になっています。サイズ感はkyrie7と同様とのこと。レビュワーのほとんどがTRUE SIZEを推奨されていました。

Nike Kyrie Low3

Nike Kyrie Low4のバッシュの評価はTOTAL8.1 /10.0

トラクション 9.0/10.0

Nike Kyrie Low4

Mellow Surfer

トラクションはかなり高い評価ですねアベレージ9.0得点!!

一流のトラクションとsolebrothersさんは評価されています。アウトソールはkyrie7と全く同じパターンになっていますね。

山岳地層の様なトラクションパターンで土踏まずの部分にはKyrieのロゴが入っています。

しっかりと床を掴み動き出しをサポートしてくれます。クリーンなコートでは優秀なグリップ力を発揮するのはもちろんのこと、ダスティなコートでも問題なく機能します。

そこまで埃が付きやすい素材ではないとのこと。 アウトソールの接地面からのカーブが良いですね。サイドまで巻き込む様な形状はサイドの動きだけでなくサポート性にも寄与しています。

踵から爪先にかけてのトランジッションも良好です。

前作のkyrie low3渦巻の様なアウトソール

クッショニング 7.8/10.0

Nike Kyrie Low4

Mellow Surfer

クッショニングの評価は少し低めでしたアベレージ7.8

今回はフルレングスのCushlonフォームとその下にzoom airが用いられています。接地面までの距離が小さく、コート感覚はそこまで悪くないとのことですが、特に踵の衝撃吸収に関してネガティブなコメントが多かったです。

KD14やkobe5といった他のNIKEのラインナップよりも少し固めと評価されていました。ガードタイプのプレイヤーだったら問題ないと思いますが、大きなクッション性は期待できません。

マテリアル 8.0/10.0

Nike Kyrie Low4

Mellow Surfer

マテリアルの評価はまずまずのアベレージ8.0という結果に。

グリットパターンの薄いテキスタイル素材でとても柔らかく軽量にデザインされています。見た目もなかなか洗練されたデザイン。

110ドルの売り出し価格を考えれば悪くないと評価されています。特にこのカラーは個人的にかなり好きです。Shoeitさんは少し通気性が気になるとコメント。

平均的な大きさのシュータン。アキレスパッドは少し少なめなのでこのあたりがサポート性の低下につながってしまった印象。大きめのヒールタブは脱着を容易にしてくれます。

サポート性 7.8/10.0

Nike Kyrie Low4

Mellow Surfer

サポート性もあまり伸びませんでした。アベレージ7.8得点

ヒールカップはしっかりとあるんですが、踵あたりのパッドがあまりないことによりサポート性が伸びない結果に。solebrothersさんは少し踵の横滑りがあったとのこと。

ミッドソールがサイドまで巻き込みやアウトトリガーによりサイドのサポート性を強化されています。

フィット感  8.0/10.0

サイズ感はKyrie6や7と似ています。TRUE SIZEが推奨されています。

アウトドアでの使用は?

アウトソールラバーの耐久性の不安から屋外での使用は推奨されていませんでした。nike公式には屋外コートに最適と記載されていました。

このバッシュの最安値を探す

参考サイト

  • Nelson Chan @Hoop and Life
  • Duke4005 [weartesters.com]
  • RicheeKim
  • Schwollo
  • The sole brothers
  • Zac Dubasik [SoleCollector.com]