NIKE KYRIE8の特徴を徹底解説します。過去のモデルとの比較も少し。

NIKE KYRIE8
NIKE KYRIE8 https://www.instagram.com/p/CR3SDcwD2OU/

Mellow Surfer

KYRIE IRVING(カイリー・アービンング)のシグネチャーモデルKYRIE8と思われる画像がSNS上でアップされていますね。後ろからの画像は彼のシューズの特徴を思わせる要素がいくつかあります。信憑性は高いかもしれません。

しっかりとzoom unitが使われていたり、アッパーの素材を見る限りセカンドラインのバッシュには見えないのでKYRIE8かな。。

先日本人からデザインに関わっていない旨のツイートがありましたが、NIKEとの溝が回見えました。

売り出しか価格は前作同様140ドルを予想、国内だと2万円行かないくらいかな?LEBRONよりは安いけどZOOM FREAKやPGよりは高い価格設定になると思います。

トラクション

NIKE KYRIE8
NIKE KYRIE8 https://www.instagram.com/p/CR3SDcwD2OU/

Mellow Surfer

アウトソールの前足部は少し変わった鋭角のヘリンボーンパターン。前足部はレッドカラーになっています。床をしっかりグリップしそうなデザインですね。雷の様な。

外側はヘリンボーンパターンで内側が変則的なパターン。土踏まずの部分にはKYRIEのサインが入っています。ヒール部は無限大♾のマークの様なデザインがあります。その穴からミッドソール、zoom air?が見える様になっています。トラクションにプラスになるのかな。前作のkyrie7のトラクションパターンとは明らかに違ったデザインになっていて変化が見られます。KYRIE7のトラクションも高い評価を得ていたので、新作も期待できそうですね。

アウトソールは写真だとわかりにくいですが、とてもフラットに見えますね。過去のモデルだともう少しカーブがある様に思いますが。。ただ、前足部はサイドまでアウトソールが巻き込んでおり、KYRIEのプレイスタイルに沿った設計になっています。これはサポート性にも寄与してくれそうですね。

前作のkyrie7

クッション

クッショニングは先ほど踵からZOOM AIRがのぞける仕様になっているかもと記述しました。過去のKYRIEモデルだと前足部のみZOOM AIRの使用はありましたが、前足部と踵部の両方使用されているのはありません。初めて両方にZOOM AIRが用いられることになるかも。これは大きな変化ですね。後ろからの写真では柔らかそうなcushlonフォームが使用されていると予想(#違ったらごめん)

前足部には大きなZOOM STROBELの様なものが。KD13,14の様な仕様になるのかな。前足部のみのものだと最近ではZOOM GT RUNがありました。NIKEの最新テクノロジーが駆使されています。

NIKE KYRIE8
NIKE KYRIE8 https://www.instagram.com/p/CR3SDcwD2OU/

マテリアル

NIKE KYRIE8
NIKE KYRIE8 https://www.instagram.com/p/CR3SDcwD2OU/

小さめのシュータンには炎と氷の様なロゴ、ヒールにはKYRIEのロゴが配置されています。レース下には華やかなシルバーのシンセティックレザーの様な素材。同じ素材がシューレースのホールにも使用されている模様。足首周りにはボリュームのあるパッドが使用、

NIKE KYRIE8
NIKE KYRIE8 https://www.instagram.com/p/CR3SDcwD2OU/
NIKE KYRIE8
NIKE KYRIE8 https://www.instagram.com/p/CR3SDcwD2OU/

踵周りには控えめにSWOOSHを配置。シンセティックレザーが所々に使用され高級感が出ています。

https://www.instagram.com/p/CR3SDcwD2OU/

しっかりとしたケージでフットベッドに足がしっかりと固定されサポート性も良さそうです。踵部には小さなZOOM UNITが使用されると予想。

ともあれもう少し発売まで時間がありそうですね。また詳細わかり次第Twitterにてお知らせします。

    /*amazon pop over 広告*/