【ナイキ】Zoom KD 10 EPレビュー。なぜ僕はこの靴が好きなのかがわかった。

今日はデザイン性抜群のデュラントシグネーチャーモデル第10弾のレビュー記事です。

Zoom KD 10 EP

アッパー部分

アッパー部分には今流行りのフライニットが大部分に使用してありフィット感が抜群です。靴と足が一体化する感覚この靴下のように足全体を包み込んでくれる感覚は好き嫌いあると思いますが僕はすぐに慣れましたよ。

エボロック
このフライニットの質感や見た目が結構好きです。

これ、夏場は大丈夫かと思いましたが、通気性も高くシューレースが太めなのはホールド感がこのフライニットで高まっているので問題なく思います。

エボロック
履きやすさもまた良い。後ろの部分を引っ張ると伸びるんでスムーズに着脱できる。
IMG 0635

IMG 3284 2

ソール部分

ソールは前作と同様クッション性は高いレベルで維持されています。KD9でも使われていますよね、zoom air unitはやはり高性能でした。この厚みでこの軽さは驚きです。柔軟性も優れているので母子球を中心とした前足部の微妙なニュアンスを可能にしています。柔軟なところは柔軟に、サポートすべきところはしっかりとされている感じが良いです。

IMG 3435 2

フィット感は?

フィット感についてはこちらを参考にしてください。
ハーフサイズ下げることを推奨されています。色々なレビューを見ていても同じことが書いてありました。確かに僕もいつも履いているサイズだときつかったです。

Fit – Go down 1/2 size. Seriously. Wide footers, you’ll be good going true to size without needing to size up, but everyone else, go down 1/2 size. The disconnect I discussed above creates a bit of volume around the foot and when you have a knitted upper that isn’t something you want.weartestersより抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です