【NIKE】Kyrie Low(カイリー) EP 1のレビューまとめ。4ではなく1でした

スクリーンショット 2018 06 17 23 51 30

エボロック
とうとう国内でも発売されましたね。実店舗だと売り切れが多くなっているようですが、ネットにはまだありそうですね。
見た目は違和感がありますが2018年7月15日に海外で発売されるようです。今年のナイキのラインナップの一番売れたバッシュかもしれませんカイリー・アービングのシグネーチャーモデル、今回はkyrie1 lowの登場です。
アウトソールはgum bottomになっていてデザインは温度センサーのような配色になっています。

シュータンにはkyrieのイニシャルロゴが入っています。

エボロック
ヒール部分には今の背番号11の文字が刻まれています。
あとベルトも特徴的ですね。

スクリーンショット 2018 06 17 23 51 40スクリーンショット 2018 06 17 23 51 48

スクリーンショット 2018 06 17 23 51 56

POINT!!

  • アウトソールのサークルのような設計でソフトな素材。トラクションは抜群です。(kyrie2のレベルはあるとの評価も)
  • 前足部のストラップによりフィット感や安定性が向上
  • もちろんLOWカットなので左右のフットワークがよりスムーズに。
  • このバッシュの最安値を探す

    エボロック
    amazonでも1万7千円台から出品されていますね。
    yahoo shoppinngにはアンクルドリューのグレーのタイプが出ていますが、少し値段が上がっていますね。

    エボロック
    amazonは定価よりも10%以上安いバッシュって結構あるのでオススメかも、問題は楽天やyahooに比べて品揃えがまだ無いところかな。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です