【NIKE】Kyrie Flytrap II EP (カイリーフライトラップ2)が発売、特徴をまとめました。とにかく安い。 | バッシュ.com

【NIKE】Kyrie Flytrap II EP (カイリーフライトラップ2)が発売、特徴をまとめました。とにかく安い。

スクリーンショット 2018 12 29 14 36 30
カイリーフライトラップのテイクダウンモデル、カイリーフライトラップ2が発売されていますね。
1万円を切る値段でやはり、求めやすい価格になっていますね。
以前カイリー4とフライトップの比較記事を書いたような。
関連記事:【NIKE】”Kyrie Flytrap” VS “Kyrie 4″ 2つのバッシュの特徴を比較して見た。あなたならどちらを買う?

スクリーンショット 2018 12 29 14 36 40

エボロック
海外では80ドルで発売されていますね。
スクリーンショット 2018 12 29 14 37 02
マテリアルを見てみるととても80ドルには見えない作りになっていますね。とても柔らかい素材でストレッチ性もありそう、合成繊維なのかな、カイリーの刺繍やSWOOSHもよく作り込んであります。シュータンのカイリーのロゴはゴールドで作られていますね。

スクリーンショット 2018 12 29 14 36 54
アウトソールは前足部の中央(ZOOM UNIT)とその周りだとパターンが違っていて、少しカイリー2を思い出しました。ブラック(硬めのラバーで構成)の部分の母子球のあたりはさらに空洞があり、グリップしやすい構造になっています。
ホワイトの部分はミッドソールにかけて、ゴールドのチップが散りばめられていますね。リーズナブルなバッシュですが、高級感を感じます。とても硬いラバーで耐久性もありそうですね。
これはカイリー4のアウトソールを合わせて見た画像ですが、
アウトソールがとても幅狭な作りになっているのがわかりますね。
少し、海外レビュアーの中では、足首捻りやすいんじゃっていう意見が目立ちましたね。
スクリーンショット 2018 12 29 22 13 08
(IMAGE VIA : SOLEBROTHERS)

スクリーンショット 2018 12 29 14 36 48
ヒールを見てみるとTPUヒールカウンターが採用されていますね。コービー6でも使われたやつかな。

このバッシュの最安値を探す