【Under Armour 】Curry 6(カリー6)のレビューまとめ。軽量でトラクションもとても良い優秀なバッシュ。

スクリーンショット 2019 01 20 23 57 49

エボロック
今日はステファン・カリーのシグネーチャーモデル第6弾、curry6についてレビューまとめをして見ました。基本的な評価はとても高かった!!

このバッシュのデザイナーはLeon Gu。とても軽量に作られガードには最も大事なスピードが保証されています。
ステファン・カリーは試合中平均して、2-3マイルくらい走ります。このシューズは走れるシューズとして開発されたようです。

クッショニングは新しいテクノロジーfull-length HOVRクッションを採用していますね。衝撃の吸収力や反発性、そのあとの走り出しのサポートが期待できます。

トラクション:トラクションの評価はとても高いです。前足部は6つのセクションに分かれていて、クリーンなコートでもダスティなコートでも、グリップ力は優秀。

スクリーンショット 2019 01 20 23 57 59

問題点があるとすれば、耐久性でしょうか。アウトソールのライン状に溝になっている部分が少し耐久性に問題があるとの指摘をsole brthersがしています。

エボロック
インドア専用で、屋外で使うのはやめたほうがよさそうですね。

フィット感に関しては、特にテスターはいつものUA curryシリーズのサイズ感と変わりないとの事。

彼のシューズは少し幅狭にできているので初めてcurryシリーズを買う際は購入前に試着をオススメします。
マテリアルに関してはメッシュアッパーで基本的に構成されており、つま先部分は補強のためヒューズが装着されていますね。
シュータン、アッパー一体構造で脱着しやすい印象ですね。シュータン部分の伸縮性がとても優れているのが触ってみるとわかると思います。

スクリーンショット 2019 01 20 23 58 11

このバッシュのinstagramまとめ

Nice Kicksさん(@nicekicks)がシェアした投稿

Finish Lineさん(@finishline)がシェアした投稿

このバッシュの最安値を探す