『Under Armour Curry 11』のレビューまとめ spec、特徴など

Under Armour Curry 11は、ステフィン・カリーとUnder Armour(またはカリーブランド)のコラボレーションによる11番目のシグネチャーシューズです。

このモデルは特に俊敏で素早いガードプレイヤー向けで、パフォーマンスが非常に高いと評価されています。

公式小売価格は$160で国内¥24,200(税込)と少し高めの設定になっています。円安、インフレの影響を受けている印象。

トラクション、クッション、フィット感に優れており、屋内コートでのパフォーマンスが特に際立っています。ただし、屋外コートでの使用にはあまり適していません。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

TRACTION

⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐☆(9.3/10)

トラクションの評価は9.3とかなり高い評価になりました。

トラクションは、フロー・アウトソールを採用しており、これは以前のカリー10や9、さらに前のモデルでも同様です。

非常にタイトなストップを実現し、ダストの付着も最小限で、簡単に拭き取れます。屋外コートでも適度に使用できるとされていますが、屋内コートでのパフォーマンスが特に優れています。

FLOW(フロー):足の動きにフィットし、これまでにない接地感覚をもたらす
軽量で反発性、グリップ性に優れたクッションフォームのみのソールユニット
耐久性に優れたFLOWアウトソールは、より良いコートフィールを提供し、これまで以上に速くカット&スタート/ストップができるようになる

https://www.underarmour.co.jp/f/dsg-1053683

CUSION

⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐☆☆(8.7/10)

クッションは平均8.7とかなり高い得点になっています。

クッションにはデュアルデンシティのフォームセットアップが採用されていますが、カリー10や4フロートロとの差はそれほど大きくありません。

かかと部分のインパクトプロテクションが強化されていますが、全体的に硬めのクッションで、レスポンス性が高い一方、快適性や衝撃吸収にはやや欠ける部分があります。

MATERIAL

⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐☆☆(8.7/10)

素材は、軽量で通気性に優れており、足に非常によくフィットします。インテリニットというニット素材が使われており、サポート性も高いですが、高級感はあまりないとのコメントもありました。

WARP KNIT(ワープニット):軽量で高い通気性を備え、足をソールにしっかりロックすることで高い安定性を実現した、UA独自のアッパーテクノロジー
バスケットボールのダイナミックな動きに対して、快適性とコントロール性を向上させる
軽量で通気性に優れた3/4インテリニットのブーティー構造にすることでフィット感、快適性、安全性を強化

https://www.underarmour.co.jp/f/dsg-1053683

SUPPORT

⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐☆☆(8.5/10)

サポート性は、特にかかと部分と側面のコンテインメントが優れており、足をしっかりと固定します。ただし、アッパーのサポート力は他の一部のモデルに比べるとやや劣る部分があります。

FIT

⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐☆☆(8.5/10)

フィット感は、タイトで足にぴったりとフィットし、特につま先部分が快適です。幅はやや狭めですが、素材が伸びるため、使い始めが少し締め付け感があっても、時間とともにフィット感が向上するとのこと。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

参考レビュワー

  • Snkr Tech Talk
  • Soled Out Reviews
  • TommyLiu
  • Sole Drop
  • image via THE HOOP GEEK