【asics】ゲルフープ(GELHOOP)V11がまもなく発売、特徴をまとめました。 | バッシュ.com

【asics】ゲルフープ(GELHOOP)V11がまもなく発売、特徴をまとめました。

0 l

ゲルフープv11が予約開始したようですね。
発売日は2019年2月15日金発売予定です。

ゲルフープは日本の中学生の中で最も売れているシューズで、ものすごい信頼を得ているバッシュの一つです。
[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”IMG_7201.PNG” name=”エボロック”] 先日、バスケを始める新入生のために初めてのバッシュおすすめを聞いた時に一番このバッシュを勧めている方が多かったですね。[/speech_bubble]

今回も幅はノーマル、スリム、ワイドの3パターンでカラーは4パターンくらいありますね。

軽量性が特長のFlyteFoamをミッドソールに搭載されたようで、軽量化に一役かっていますね。

シュータン部分が独立していなくサイドとつなぐことでフィット性の向上が期待できます。

スクリーンショット 2019 02 06 0 00 41

前足部は人工皮革で覆うアッパー構造。
屈曲部はステッチを無くし屈曲時のストレスを軽減。

・ハトメ周りスリット(フィット性)

スクリーンショット 2019 02 06 0 01 05

スリットを入れることで,ヒモ締めとアッパーがスムーズに連動。

人工材がヒモ締め時にアッパーと連動されるようで微妙なフィット感の調整も可能になりました。

アウトソール

スクリーンショット 2019 02 06 0 00 28

・トラスティック(安定性)
中足部に樹脂性の大型トラスティックを配置。プレー時に力がかかった際のシューズの過度のねじれを防止。

前足部に通気口が搭載されているので長時間のプレーもより快適になります。

アウトソール構造
拇指球周りに同心円状の意匠を配置。
ピボット動作などの回転動作時や,拇指球を基点に動く動作の際のグリップ性を追求しています。

・GEL(衝撃緩衝性)

スクリーンショット 2019 02 06 0 03 13
かかと部にGELを配置し接地時の衝撃を緩和してくれます。かかと部のデザインはかなり変わりましたね。

このバッシュの最安値を探す

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”IMG_7197.PNG” name=”エボロック”] amazonは発売前なのでまだリンクされていないようです。v10が出ちゃいますね。
[/speech_bubble]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA