Air Jordan36を履いた人達のレビューまとめ。特徴,SPEC等

Air Jordan36
Air Jordan36

Mellow Surfer

AIR JORDAN36のレビューが多く集まっていたのでこの辺りでレビューまとめしておきます。やはりこのシリーズのクオリティは文句なしの結果になりました。

売り出し価格は海外185ドルで全作35よりも5ドルほど高くなっています。国内だと¥22,550(税込)になっています。

品薄状態になっているのでデザインによっては割高で販売されている状況ですね(2021.9月)

レビュワーの方はTRUE SIZEを推奨されている方が多かったんですが、少し幅狭な作りになているので、あまりタイトに履きたくない方や、ワイドフッターはハーフサイズアップでも良いかも。いずれにせよ可能なら店舗試着がお勧め。でも大きいサイズはあまり置いてないんですよね。。

Air Jordan 36のバッシュの評価はTOTAL 9.1/10.0

Air Jordan 36
Traction
(5.0)
Cushion
(4.5)
Materials
(4.5)
Support
(4.5)
Fit
(4.5)
TOTAL
(4.5)

トラクション 9.5/10.0

Air Jordan36
Air Jordan36

Mellow Surfer

トラクションの評価はかなりの高得点ですね。アベレージ9.5

少し細かめのヘリンボーンパターンのアウトソール。前作と比べ少しヘリンボーンが厚めになっています。溝が深く耐久性もあるラバー。クリーンなコートではしっかりとしたグリップ力を発揮、たとえダスティなコートでも少し埃が付いても良好なパフォーマンスを維持できます。埃も取り除きやすいですね。

前作35もヘリンボーンパターンでしたが少し放射状の向きにデザインされていました。今作36は真横のデザインになっておりさらに進化して高い評価いなっています。

全てのコートに問題なく対応できるとNightWing2303 [weartesters.com]さんはコメントされていました。

踵から爪先にかけてのトランジッションも良好です。とても良いカーブシェープの設計です。


前作のAir Jordan35

クッショニング 9.0/10.0

Air Jordan36
Air Jordan36

Mellow Surfer

クッショニングの評価も高いですね。アベレージ9.0

フルレングスのZOOM STROBELが使用されています。さらに前足部にはZOOM AIRユニットを設置。とても弾性があり衝撃吸収も十分ですが、前作35、前前作34と比べるとどのレビュワーも少し評価が下がっていました。前作は大きなZOOM AIR が前足部と踵部両方に使用されていましたよね。どのレビュワーも10.0でした。

マテリアル 9.0/10.0

Air Jordan36
Air Jordan36

Mellow Surfer

マテリアルの評価もかなり高く、アベレージ9.0

Jacquard Leno-Weave Upperを使用。紙の様に薄いメッシュアッパーですが、耐久性が高く快適な素材です。とても軽量で通気性も優秀な素材。どのレビュワーも好意的なコメントしかありませんでした。シュータンとヒールには大きめのタブがついていて脱着をサポートしています。

サポート性 9.0/10.0

Air Jordan36
Air Jordan36

Mellow Surfer

サポート性の評価も高いですね。アベレージ9.0でいよいよ弱点がなくなってきた感があります。

2本のループバンドと高いサイドウォールを組み合わせて、ディフェンス時のボールカットやオフェンス時のジャンプなど、左右の動きの安定性を確保。

しっかりとしたミッドソールからのサイドをサポートする素材で足がふっとベッドから横滑りすることはありませんとsolebrothersさんはコメント。安定性もあり文句なしのサポート力。

フィット感  9.0/10.0

アウトドアでの使用は?

少しレビュワーの意見がばらけていますが。アウトソールの耐久性の面で少し疑問があります。コートの素材によると思うので確認しながら使用されてください。

このバッシュの最安値を探す

参考サイト

  • Nelson Chan @Hoop and Life
  • Duke4005 [weartesters.com]
  • RicheeKim
  • Schwollo
  • The sole brothers
  • Zac Dubasik [SoleCollector.com]

all image via