Nike Lebron19 Lowを履いた人達のレビューまとめ。特徴,SPEC等

Nike Lebron19 Low
Nike Lebron19 Low

レブロン・ジェームスシグネチャーモデルのローカットタイプが今作19でも発売されていますね。

このシリーズでは毎回ローカットモデルも発売されています。値段は国内19,250円(税込)という値段設定になっていますが、本家Lebron19は2万円中ばと考えると少しリーズナブルになっています。海外では40ドルほどの差になっています。

写真のデザインはLebronシリーズではたまにみられるBUBBLE FRUITSのデザインですね。アッパーの部分はミルク、メッシュ部分から透けている箇所、足首周りにはフルーツのデザインが描かれていてとてもポップな作品。

Nike Lebron19 Lowのバッシュの評価はTOTAL 8.1/10.0

Nike Lebron19
Traction
(4.0)
Cushion
(3.5)
Materials
(3.5)
Support
(4.0)
Fit
(4.0)
TOTAL
(3.5)

トラクション 7.7/10.0

Nike Lebron19 Low
Nike Lebron19 Low

トラクションの評価はそこまで高くなく、アベレージ7.7得点でした。

前足部はいくつかのセグメントに分かれています。レブロン・ジェームズのクラウンロゴをヒントにした繊細なブレードパターンが使用されています。

highカットのタイプと同様のアウトソールをしていますね。Lebron19と同様のグリップ力と評価されているレビュワーが何人かいました。Lebron19もトラクションの評価があまり高くありませんでした。屋外では良好なグリップ力を発揮し耐久性もあるので使用可能だと思いますが、値段的に迷うところ。

Nike Lebron19

クッショニング 9.0/10.0

Nike Lebron19 Low
Nike Lebron19 Low

クッショニングの評価はかなり高くアベレージ9.0得点でした。

フルレングスのREACTミッドソールを搭載。 このフォームをサイドに沿って露出させ、前部を立体的なオーバーレイ素材で包み込んでいます。

さらに踵部にはAIR MAX UNITが使用されています。着地時の踵への衝撃を吸収。とても反応性があり衝撃吸収においても十分な機能を備えています。Soled Out Reviewsさんは今年試した中で最も良いクッショニングと評価されていました。

しっかりとしたクッショニングですが、接地面までの距離はそこまで高くないとRICHEEKIMさんはコメントされており、コート感覚とのバランスがよくとれた作品と言えそうです。

マテリアル 8.0/10.0

Nike Lebron19 Low
Nike Lebron19 Low

マテリアルの評価はアベレージ8.0とこちらもまずまずの評価でした。

軽くて丈夫なトランスルーセントのウーブン素材をアッパーに使用し、耐久性と軽さを両立させています。通気性も良好とのコメントが多かったです。爪先部分には光沢のあるレザーが使用されて耐久性を上げています。

サポート性 8.0/10.0

Nike Lebron19 Low
Nike Lebron19 Low

サポート性の評価はまずまずでアベレージ8.0でした。

踵のロックダウンやサポート性は問題なし。このバッシュのサポート性はレースによりものは少なくアッパーにより足をしっかりと固定してくれているとコメントが多かったです。あと前作18と比較してアウトトリガーがしっかりとあるのでそちらも足の安定性に一役買っているとRICHEEKIMさんはコメント。

Nike Lebron19 Low
Nike Lebron19 Low

フィット感  8.5/10.0

アウトドアでの使用は?

アウトソールの耐久性があるので屋外コートでの使用は可能と考えているレビュワーが多かったです。コートの状態やアウトソールを確認して少しづつ使用してみて下さい。

このバッシュの最安値を探す

このバッシュを履いているNBA選手

LEBRON JAMES

OG ANUNOBY

TRISTAN THONPSON

参考サイト

  • The sole brothers
  • Foot Doctor Zach
  • MARKCHES
  • Zac Dubasik [SoleCollector.com]
  • mellow surfer[バッシュ.com]

all image via