【asics】GELHOOP(ゲルフープ) V14の特徴、詳細情報。前作との比較も簡単にしてみました。

ASICS GELHOOP V14
ASICS GELHOOP V14

軽量性が特徴で国内の中学生シェアNO1を誇るasics ゲルフープの新作が登場しています。

今作もnarrow,standard,extra-wideの3種類が用意されていますね、どんな足幅の選手にもフィットしそうな設計になっていますね。価格は¥14,630円(税込)となっていますね。値段設定はだいたい前作同様になっています。

Mellow Surfer

トラクションやクッショニングシステムは前作GELHOOP V13と同様のものですが、マテリアルの部分はメッシュ中心の設計になっていて、少しレトロな雰囲気も感じますね。

ASICS GELHOOP V13
ASICS GELHOOP V13

TRACTION

ASICS GELHOOP V14
ASICS GELHOOP V14

トラクションパターンは前作(写真↓)とほぼ同じデザインになっていますね。

Mellow Surfer

母子球を中心とした大きな意匠その外側には多方向のヘリンボーンパターンで構成されています。信頼できるグリップ力が前作あったのでデザインは踏襲されたと思っています。

ASICS GELHOOP V13
ASICS GELHOOP V13

CUSHION

ASICS GELHOOP V14
ASICS GELHOOP V14

Mellow Surfer

ミッドソールの素材には前作同様“FLYTEFOAM”を採用し、軽量性とクッション性の両立を追求。この素材も変わらず使用されています。

反発性、耐久性、軽量性などを同時に満たしてくれて、パフォーマンスをサポートしてくれます。

前々作よりはかかと部の厚みを0.5mm増加する事で軽量化と衝撃の緩衝を両立されています。コート感覚とクッションングの両立に期待。

ASICS GELHOOP V13
ASICS GELHOOP V13
ASICS GELHOOP V14

MATERIAL

Mellow Surfer

マテリアルは唯一前作とは少し印象いが異なっています。メッシュの部分を増やして軽量性、通気性を重視しながらも足をしっかりとサポートできる設計になっています。シュータンのasicsの文字は存在感のあるエンブレムに変更されました。