【ポジション別おすすめ】センター(インサイドプレイヤー)に向いているバッシュを調べてみた。

NewImage

今日は前々から書きたいと思っていた、ポジション毎のおすすめバッシュについての記事です。
第一回目は自分もそのポジションなのできになるセンターについてです。
過去のバッシュ遍歴を振り返って見ても、ハイカットのシューズを選んできたような気がします。

センターのバッシュの必要な要素は?

NewImage

5つあるバスケットボールのポジションのうち、センターの選手は多くの場合ゴールに最も近い位置でプレーする役割を果たす。バスケットボールのゴールは床から3.05メートルの高さにあるため、長身でジャンプ力のある選手がセンターとしては有利である。ゴール近くでのシュートは長距離のシュートより成功確率が高いため、ゴール近辺では自ずと選手同士の接触が増える。そのため、肉体的な強靭さもセンターの選手には期待される。

wikipediaより

エボロック
1937年までは得点のたびにジャンプボールを行なっていたらしい。

ハイカットであること

怪我を防止するという観点でもこれは重要なこと。
着地の際や、相手との接触の際に捻挫しないようにしっかりと足をサポートしてあると、安心感が増すので思い切ったプレーができる。
個人的にローカットのバッシュでプレイするとちょっと捻挫の恐怖心が出て、足首用のサポーターとかしちゃう。サポーターすると疲労が溜まりやすいんですよね。

安定性があること

安定性があることも重要なんじゃないかと思います。
重量があるバッシュとも言えるかも。
ジャンプするときにはしっかりとした踏み込みも重要で、その力が違う方向に分散してしまうと、力強いリバウンドができなくなると感じる。

耐久性があること

激しいぶつかりやいが生じやすい領域(もちろんそれ以外にもあるが)なのでバッシュも消耗しやすくなっています。
すぐに壊れるようではちょっとお財布的にも厳しいかも。(センター用のバッシュって安くないんですよね)

センターのおすすめバッシュ

【アシックス】 ゲルトライフォース

関連記事:ゲルトライフォースのレビュー。安定感のあるバッシュでした。

【アシックス】ゲルバースト

関連記事:【アシックス】ゲルバースト22(GELBURST 22)がとうとう発売、種類や特徴を調べてみた。

エアジョーダン32( AIR JORDAN XXXII)

関連記事:【ナイキ】エアジョーダン32( AIR JORDAN XXXII)が世界中の選手に愛される理由

【ナイキ】レブロン15(LEBRON)

関連記事:【ナイキ】レブロン15のレビューまとめ、新しい技術を使った一足でした。

【ナイキ】LEBRON SOLDIER(レブロンソルジャー)

関連記事:LEBRON SOLDIER(レブロンソルジャー) 12が発売開始。今回も靴紐がないタイプ。

【ナイキ】ハイパーダンクhyper dunk

【アディダス】クレイジーエクスプロシブ CRAZY EXPLOSIVE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です