2019年バッシュのパフォーマンスランキングを作って見ました。新作も結構ありました。

IMG CFF9BC25017B 1

エボロック
今日は2019年3月までのパフォーマンスランキングです。
2019年にもすでに様々なラインナップが発売されてきました。
海外のレビューサイトをいくつか参考にしてランキング形式にしてあります。

エボロック
あとは個人的な感想も入っているので、そのランキングおかしいって意見もあると思いますが、ご容赦いただけると幸いです。

最近発売されたバッシュもポイント的にかなり高く位置してるのが結構あって、やはりテクノロジーは進化しているなと実感しています。

参考サイト

  • Nelson Chan @Hoop and Life
  •   

  • Duke4005 [weartesters.com]
  •  

  • RicheeKim
  • Schwollo
  •   

  • The sole brothers
  •   

  • Zac Dubasik [SoleCollector.com]

10.DAME5(ADIDAS)

値段がリーズナブル、トラクションの良さ、クッショニングが高評価でした。
関連記事:【adidas】Damian Lillard(デイミアン・リラード)のシグネーチャーモデルDAME5のレビューまとめ。

関連記事:【adidas】Damian Lillard(デイミアン・リラード)のシグネーチャーモデルDAME5のレビューまとめ。

9.T-MAC MILLENNIUMS(ADIDAS)

アディダスのおなじみの素材フルレングスブーストによる反発性、サポート性の良さが評価されたようです。

8.GELHOOP(ASICS)

やはり、国内ではこのバッシュを外せないと思い、独断でランクインさせました。
ベストセラーのバッシュの最新作、デザインも洗練してきています。
関連記事:【アシックス】ゲルフープとゲルバーストの違いは何?いろんな角度から調べてみた。

7.LEBRON16(NIKE)

値段が高いシューズではありますが、バトルニット等素材も高価なものが使われています。

関連記事:【Nike】 Lebron 16 のレビューまとめ。海外のレビュアーの評価が高すぎる理由。レブロン史上最高の1足?

6.why not zero2.0(NIKE)

クッショニングもトラクションもマテリアルも申し分ないモデル。ちょっと高いけど。大きな問題ではないですが、もうちょっと軽量化であれば。。との意見あり。

関連記事:【NIKE】Russell Westbrook’s Jordan Why Not Zer0.2が2019年1月に海外発売です。特徴をまとめました。

5.KYRIE FLYTRAP 2(NIKE)

値段がかなり安いのにこのパフォーマンスの高さに驚いていました。

4.KYRIE 5(NIKE)

とても基本性能に加えサポート性の評価も高かったです。
アウトソールのカービングもお気に入りの一つとか。

関連記事:【NIKE】カイリー5(KYRIE5)とカイリー4を簡単に比較してみた。海外レビューの何人かを参考にして。

3.CURRY6(UNDER ARMOUR)

素晴らしいグリップ、クッショニングはそこまで言及してなかったです、中でも一番の評価はマテリアル。アッパーのニット素材をべた褒めしてました。

【Under Armour 】Curry 6(カリー6)のレビューまとめ。軽量でトラクションもとても良い優秀なバッシュ。

2.HARDEN VOL.3(ADIDAS)

トラクションはもちろんいいんですが、評価が高かったところは、やはりブーストですね。

関連記事:【adidas】ジェームス・ハーデンのシグネーチャモデル”Harden Vol. 3 “のレビューまとめ

1.PG3(NIKE)

サークルトラクションの良さを強調していましたね。しかも2位のハーデンと比べて、安価なところも評価されていました。

関連記事:【NIKE】PG3のレビューまとめ。海外の評価は全体的にかなり高かったです。